So-net無料ブログ作成

考え無しのバージョンアップ [覚書]

社内のイントラネットを管理させられることになって、何やら良くわからないままにやらされている日々。
イントラネットは、XOOPSというCMSを使って作られているんだけど。
↑こういう言い方で正しいのかどうかもわからないのだよ。・゚'゚(*/□\*)゜'゚・。 ウワァーン!!

で、XOOPSの中でもホダ塾ディストリビュージョンというのを使っているのだけれども、これがバージョンアップしていまして。
1.0.3aというバージョンを使っていたんだけど、1.0.4にアップしてみました。
サーバは、社内のあまっているPC(WinXP(^ー^;))なんで、ファイルのアップロードはしなくても良い。解凍したのをコピーするだけ。楽ちん。
あーしかし、大バカだったよ。いきなり全部上書きしてしまった。
その時は、毎日バックアップ取っているから平気だよね、戻せるよね、と思っていたんだけど、バックアップも上書きなんだよね。
問題を見つけた時は、何日か経っていたから、もちろん古いのは消えて無くなっていたよ・・・

で、問題というのは、もちろんバージョンアップは関係ない。いや関係あるのか。どうなんだろう。
やっぱ自分がバカなだけか。
picoというモジュールのclassファイルを一部変更していたんだけど、これがバージョンアップで書き変わってしまったんだな。
あーもう、これに気付くまで(というかclassファイルいじっていたのを忘れてた)、延々とテンプレートをあーでもない、こーでもないと
いじって、余計おかしくなってしまったし・・・(T_T)

そいういえばこんなことしていたっけか、と思い出してからそのファイルの在処を探しに探す。
ただ同じフォルダに、変更前と変更後と、それぞれ複製を作って名前を変えておいたので、変更点はわか・・・あう、何行目を変更したんだっけ?
結局、互いを見比べて変更箇所を探すというおばかな結末になってしまった。
当たり前だけど、変更したファイルの在処と変更箇所は何か一覧にしておかなあかんなぁーと納得。
めんどくさいんだけどね。さらにめんどくさい事になるからなぁ。あーあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。